メニュー

KDDIがMVNO会社を設立 その意図は?

2020年11月6日 - au, BIGLOBE, MVNO, UQmobile, ニュース
    
KDDIがMVNO会社を設立 その意図は?

KDDIは11月2日にMVNO通信サービスを運営する新会社を設立した。
MNO(キャリア)、MVNO、SIMフリーのまとめはこちら。
 
 
 

設立内容

KDDIの発表によれば「KDDI Digital Life株式会社」を設立し、この会社がMVNOを運営するとのこと。

いきなり発表して数日後に設立というかなりの急ぎ足。何があったのだろうか。

この発表によれば、KDDIの子会社はシンガポールのCircles Asia社のオンライン型
携帯電話事業のノウハウを取り入れて、MVNO事業を提供する。
もちろん、MVNOで使う回線はKDDIの保有するauのものだろう。

スポンサーリンク

注目なのは、この会社は他とは異なり、オンラインサービスで提供していくそうだ。
おそらく実店舗は持たず、すべての手続きをオンラインでしてしまうのだろう。
その一環で、SIMをeSIMのみに絞った手続きの簡素化で進める様だ。

KDDIのMVNOブランド

いつのまにかKDDIと資本関係にある会社がいくつかあり、実はKDDIのMVNOは
これが初めてではない。BIGLOBEとJ:COMもKDDIのMVNOだ。
これらはもともと提供していたMVNO事業を業務提携で取り込んでいった。今回は全く異なり、
0からKDDIが立ち上げる。
eSIMを使う点、オンライン特化という点で、実験的なサービスという位置づけの様だ。

気になる点

記者会見でKDDI社長の高橋氏はこう答えていた。

スポンサーリンク

MVNOだから安いのではなく、実際には、MNOのARPUよりも高いケースもあるようだ

今の諸兄の認識ではMVNO=遅いけど格安というものだろう。
その常識を打ち破って高くなる場合があるとはどういう事だろう。MNO並みの
速度を提供するのだろうか?ただ遅くて高ければだれも利用しない。不思議な発言である。

サービス開始は来春ごろの模様。

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 8 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です