メニュー

故障率の高いHDDはどれ? 安定した高性能HDDを求める旅2020夏

2020年6月8日 - HDD, ニュース
    
故障率の高いHDDはどれ? 安定した高性能HDDを求める旅2020夏

HDDの故障率を紹介する海外事業者の記事の紹介。
前回はこちら。

スポンサーリンク

2020Q1の情報

この情報はUSでクラウドストレージを提供するBlackBlaze社がまとめている。


前回の記事にも書いたが、クラウドストレージとは、下記の通りだ。

PCのDAS(Direct Attached Storage)で扱うブロックストレージとは異なり、
NAS(Network Attached Storage)のようにファイルオブジェクトとして扱うことが多い。
NASはLAN内にストレージがあるが、それがインタネット上にあるという考えだ。

クラウド=安価というイメージがあるため、どうしても安価な提供が求められている。
それゆえBlackBlaze社も安価で安定した、故障しにくいHDDを探し求めていると思う。

BlackBlaze社では2019年末時点で132,339台のHDDを使っているそうだ。
うちOSが2,380台、データ用が129,959台だそうだ。
ここでの情報にはOS用ドライブは含めていない。OSにはSASを使うことも多い。
なお、データは1Q、つまり1~3月のものになる。

スポンサーリンク

故障の実勢値

さて、BlackBlaze社では129,959台のデータ用HDDを2020年3月末時点で監視している。
テスト用のドライブと、60台以上使っていない種類のHDDはのぞき、129,764台がここでの対象だ。

HDD故障リスト

HDD故障リスト

出典:BlackBlaze

表からはHGST、Seagate、Toshibaの3社が見える。
HGSTは以前は日立傘下だったが今はWD傘下だ。
WDがないのはこの会社は好きではないからと思われる。

モデル名から、デスクトップ用とNAS用のものを対象にしているようだ。
全体の故障率は1.07%になるそうだが、この表からは故障率が高いものは、
Seagate社の12TB、ST12000NM007とST12000NM0008というエンタープライズモデルだ。
7が1.37%、8が1.41%とドライブ数が最多であるという点を割り引いても、ちょっとこの数字は大きい。

またこの2モデルはともにDM-SMR方式の様だ。XigmaNASの推奨リストに記載がない。
クラウドストレージでは通常のRAIDを構成しない場合も有るので、一概にDM-SMRが使えないとは言えないが、
何らかの関係があるのかもしれない。

スポンサーリンク

また、3か月間という短期間であるので十分使っていないが、東芝の4TBとシーゲートの16TBが
故障0という点に注目すべきだろう。今後のHDD選定の参考になりそうだ。

長期間の故障率

3か月という短期ではなく、7年に及ぶデータもある。下表だ。

HDD故障率(2013年以降)

HDD故障率(2013年以降)


出典:BlackBlaze

2013年4月以降で使い続けているドライブモデルの実勢値だ。この表の右端、AFRというものが1年間で
換算した故障率だ。このAFRをみると、特に大きいのは下記モデルだ。

スポンサーリンク

ワースト3はすべてシーゲートになった。1位の4TBのものは自分が故障が多いと
よく聞いていた時期のものだろうか。
8TBあたりは悪くないのに、12TBモデルでまた悪くなっている。コストダウンのために
部品を変えてそのために故障率が上がった、というところかもしれない。

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 41 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です