パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
 

シーゲートから20TB HDDの販売予告 12月発売予定

 

スポンサーリンク

 
シーゲートから20TB HDDの販売予告 12月発売予定

HDD御三家のシーゲートからエンタープライズ向けの大容量HDDが発表された。
大容量ストレージデバイスであるHDDについてのまとめはこちら。

発表の内容

オンラインイベントのDatasphere2020にて発表があった。
20TBのハードディスクを12月に発売する予定だ。

シーゲート20TBHDD

シーゲート20TBHDD

出典:Datasphere 2020

いよいよ1スロットで20TBを提供できる。RAID1で保護してもたった2スロットで我が家の
NASの容量をすべてカバーできる。

なお、オンラインイベントはこちらで参照できる。

技術動向

合わせて今後の技術動向も紹介があった。
まず、全世界のデータ総合計だが、どんどん増えている。

データ爆発

データ爆発

2025年には格納されるデータが17ZB、格納されないものが158ZBという予測だ。
格納って、何だろうと思うが、スマホなどで撮影した写真がスマホ内にあるうちは格納されていない、
つまりクラウドなどに置かれてないという点での区別だろう。
以前聞いた予測ではこの格納されていないほうは入っていなかったので、
これらがHDDなどで保管される必要がでてくると、大容量HDDの要求はますます強まる。

一方で大容量であっても高価なHDDでは使ってもらえない。
次の図はPB(ペタバイト、テラバイトの1000倍)当たりのコスト予測だが、
大容量化により安くなるように要求がある。このためこの図のようにHDDを作っていく必要がある。

PB単価

PB単価

シーゲートの今後の展開

WDも同時期に発売をすると以前アナウンスしている。HDD御三家といいつつ、WDとシーゲートが
2強で有り、東芝はかなり離れた3位だ。
シーゲートからは下図のように今後のマイルストンが発表されている。

マイルストン

マイルストン

20TBまではSMR技術などで提供していくが、それ以上の容量はHAMR(熱アシスト磁気記録方式)と
MACH-2という新しい技術で50TB超をめざしていくそうだ。50TBは5年後。
2年で1.8倍くらいの容量の拡張をしていくようだ。技術の裏付けのめどが立ったのだろう。

今後もHDDは大容量ストレージとして君臨を続けそうだ。今後の動向も目を離せない。

(Visited 473 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です