パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
Hulu
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
  
NAS4Free購入一式

ストレージといっても幅広い。
内蔵のSSDやHDDから外付けのNAS、またバックアップソフトウェアも関係してくる。

 
    

スポンサーリンク

 

比較、その他

HDDや外付けストレージの比較検討。

  
 

バックアップ

ストレージとは切っても切れないバックアップ。我が家でも近年はデータ量が増えて、NASを増設したりツールでバックアップするようになった。

  
   

スポンサーリンク

 

2.5GbE搭載地デジ番組保管向け HDL2-AAX

2.5GbE搭載で地デジ番組の移動にも対応するNAS。HDL2-AAシリーズが終息のため今後はこちらが主流か。

  
 

地デジ番組保管向け HDL2-AA0/E

HDDレスのNASで地デジ番組の移動にも対応、という自分には満点な機器。今後数年使うかな。

  
   

スポンサーリンク

 

高速自作NAS NAS4Free/ Xigma NAS

ReadyNASが遅いので速いNASサーバを自作した。NAS4Free(今はXigmaNAS)を使ってOSSで構築。重複排除機能という夢の機能があるのだが、提供するにはそれ相応のハードが必要とわかった。

  
 

次世代ファイルシステム ZFS

次世代のファイルシステムとして当時のサンマイクロシステムズが
考案したもので、ファイルシステムでRAIDを定義した画期的なもの。
近年はLinuxでも使えるようになった。

  
 

あわせて読みたい関連記事

 

ASUSTOR製 AS-1002T

ASUSTOR製のHDDレスNAS。買ったときはわからなかったが、地デジ番組の扱いがソフトウェアの問題でちょっと難あり。今は妻がNASとして使用中。

  
 

メーカ製地デジ番組保管用 HDL2-A4.0R/E

HDL2-AA0/Eに出会う前、やむにやまれず購入したNAS。そんな高性能なNAS用HDDでなくてよいのだけどなぁと思いつつ買った。

  
   

スポンサーリンク

 

旧主力NAS ReadyNAS

初めて購入したRAID対応のNAS。しかしARMのCPUを採用しているため、とても遅い。当時はこれでよくバックアップしていたな。。。

  
 

外付けUSB-HDDケース GW3.5AX2-SU3

メインPCとして使うJisaku7のストレージが6TBでは足りなくなった。
折しも半導体価格の高騰につられストレージも高い。考えた結果、古いデータを外だしする
USB接続の外付けHDDケースを買う事にした。

  
   

スポンサーリンク

 

RAID付きUSB接続 LHR-4BRHEU

USB接続のRAID5対応ケース。USB接続ではこういうのはなかなかない。USB3.1 Gen1なので5.0Gbpsで接続できる。

  
 

大容量ストレージデバイス HDD

まだまだ現役のストレージデバイス。小容量はSSDに交替してしまったが、
大容量のデバイスとして家庭だけでなくデータセンタなどでも使われている。

DM-SMR問題によって、ZFSのRAID構成ができないと判明。書き込みが遅いのでPCの
ストレージとしては良いが、NASとしては難しそうだ。

そしてHDDの故障率を調べてくれている海外サービス事業者のレポートを読んで書いている。

  
   

スポンサーリンク

 

高速ストレージデバイス SSD

SSD、Solid State Driveという半導体を使ったHDDに代わるストレージデバイス。
その特徴はHDDと異なりディスクなど回転するアナログな部品がないので、高速アクセスが可能なこと。

  
 

外付けケース、他

USB接続のケースについて性能測定を行った。

  
 

あわせて読みたい関連記事