デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パケット残量

品質面でいえば、通話もデータもMNO(キャリア)にはかなわない。
いい品質であるので、対価は高くなる。コストと性能。どちらをとるかは用途次第。

一方で、月額料金の高いMNO(キャリア)のスマホを使わず、MVNO(モバイル仮想ネットワーク事業者)と契約したデータ専用スマホ、タブレットを使い始めてもう数年。もちろん通信速度が遅いデメリットはあるが、月額料金が安いという大きなメリットで使い続けている。
2021年春にMNOが安い料金プランを出してMVNO業者はどうなるかと思ったが、小容量プランに活路を見出している。

 
    

スポンサーリンク

   

MNO事業者

au

auは現在使っている。3G停波は2022年3月。

  
 

auで使っている(いた)スマホのご紹介。


ドコモ

最近はdポイントなど携帯電話事業以外にも頑張っている。日本の携帯界のキング。

  
   

スポンサーリンク

 

ソフトバンク

常にチャレンジャーとして追い続ける。親会社は投資会社としていろいろな業界とのシナジーが期待できる。

  
 

楽天モバイル

MNOに参入。300万回線を達成し、新料金プランで業界を引っ張っていく。

  
 

楽天モバイルで使っているスマホのご紹介。

あわせて読みたい関連記事

   

サブブランド

UQmobile

auのサブブランド

  
 

Y!mobile

ソフトバンクのサブブランド。安い月額料金で攻める。

  
   

スポンサーリンク

 

MVNO事業者

mineo

利用者から評価の高いMVNO事業者。他もそうだが、時々キャンペーンを行って安く契約できる。交流サイトマイネ王がユニーク。

  
 

mineoで使っている(いた)スマホ、タブレットのご紹介。




 

スポンサーリンク

   

IIJmio

moto G6 Plusを安く買うために探したMVNO事業者。IIJmioもユーザからの評価が高い。業界を震撼させた新プランで突っ走る。

  
 

IIJmioで使っている(いた)スマホ、タブレットのご紹介。


OCNモバイルONE

NTT系列のMVNO。最新機種の端末セットが安い。

  
   

スポンサーリンク

 

BIGLOBE

老舗のサービスプロバイダ。au系列のMVNO

  
 

LINEモバイル

ソフトバンク系列のMVNO。2021年に新規募集を停止。

  
   

スポンサーリンク

 

nuro

Nexus7(2013)を安く買った際に契約していた。古くはPHSによるH'(エッジ)でもso-netモバイル時代に契約していた。
Redmi Note 10 Proで久々契約。

  
 

nuroで使っている(いた)スマホ、タブレットのご紹介。





あわせて読みたい関連記事

 

MVNOその他

MVNO検討やその他のMVNOのキャンペーンの話題。

  

あわせて読みたい関連記事