パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
 

HDDの大容量化 いよいよ14TB超の時代へ

 

スポンサーリンク

 
HDDの大容量化 いよいよ14TB超の時代へ

2020年4月19日更新
2社からのちょっと前のニュース。

シーゲートの16TB製品

HAMR、熱アシスト磁気記録方式がとうとう製品試作段階になった。
熱を加えることで、より高密度に記録することができるといわれ、各社で研究が続けられていた。
シーゲートによれば、2020年には20TB以上も可能になる見込みだそうだ。
SSDであれば100TB 超のドライブを作ることも可能だが、高価だ。
HDDで行けるところまで行き、それ以上無理になったらSSDにすべて乗り換える。
そんなストーリかもしれない。

東芝の14TB製品

今更だが、ヘリウムを充填したHDDを発売した。
コンシューマ向けのNAS用N300と、ニアライン用(?)と思われるX300である。
ヘリウム充填はずいぶん前にHGSTが始め、容量増加に使える技術となった。
一方でSMRという方式があったが、ホスト側の処理変更が前提なため、やはり流行らなかった。
SSDが急激に安価になっている。今後HDDは大容量化しか生き残る道はない。
3社とも同じ戦略のように見え、どのような技術で生き残っていくか、で差別化されているのだろうか。
今後も動向を注視していく。

(Visited 164 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です