メニュー

App Store手数料が半額になる!?小規模事業者に朗報

2020年11月23日 - スマホゲーム, ニュース, マネー
    
App Store手数料が半額になる!?小規模事業者に朗報

アップルとフォートナイトの泥沼の戦いの決着はまだ見えていないが、
フォートナイト側の分が悪そうだ。
そんな中で、アップル側から新たな動きがあった。
スマートフォン、タブレットに関するニュースのまとめはこちら。

App Storeの手数料改訂

アップルの発表によれば、小規模事業者や半アマチュア向けに、App Storeを介してアプリを
配信する際の手数料を15%に下げるプログラム「App Store Small Business Program」を
2021年1月1日から開始する。

アップル2011

アップル2011

出典:アップルWEBサイト

ここでいう小規模事業者とは、前年の収益が100万ドル以内だそうだ。日本円で1億円程度になる。
会社組織でやっている場合は1億円くらいの売り上げがないと開発費を回収できなくなる。
このため1億円というボーダは、会社組織のプロと半アマチュアを分けるには十分だろう。

今までは大手ソフトウェア会社であろうがアマチュアであろうが、有料アプリに対する課金は
すべて30%の手数料をアップルが徴収している。もちろん配信にかかる費用負担と管理のために
無料ではできないと思うが、30%という手数料はかなり大きい。

スポンサーリンク

この割合がもとでフォートナイトの提供元であるEpic Gamesと係争中だ。

アップルなりに考えて、今後も出てくるであろうこの手の戦いに備えて、
少なくとも30%という割合が高すぎるであろう小規模事業者に配慮したようだ。

この決定の影響は

アップルの手数料が下がれば、事業者の収入がそれだけ増える。
まじめな事業者なら有料アプリの価格を下げるだろうが、いつこのプロモーションがなくなるか
保証もない中では安易な値下げはできないだろう。このためおそらくアプリの価格は下がらない。
ユーザにとってはなにも変わらない。アップルは手数料収入がいくらか少なくなる。小規模事業者は
収入が上がる。
あがった収入で小規模事業者がアプリの改良をしたり新しいアプリを作る。
そうなってうまくアプリ開発のいい循環になるといいが。

スポンサーリンク

なお、Googleからは同様の発表はいまのところない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 4 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です