メニュー

iPad Air4/ iPad/ apple WATCH/ apple oneの発表

2020年9月16日 - iPad, キャッシュレス決済, サービス, タブレット, デジモノ, ニュース
    
iPad Air4/ iPad/ apple WATCH/ apple oneの発表

Twitterでは反応したが、改めて情報を読んだ感想を書く。
iPad Air4と無印iPadが発表された。
そのほかにはapple watchとサブスクリプションサービスだ。
iPad(2018)のまとめはこちら。

発表内容

PR

前回のiPadPro(2020)に続いて、今回もWEB中継で発表したようだ。

事前のリークがかなり正確な情報もあることに驚き。生産現場の口をふさぐことはできないからなぁ。
今回の発表はハード4つとサービスの1つ。インパクトの大きかったものから進める。
今回使用している画像はアップルのWEBサイトから引用している。
なお、例年この時期のiPhoneは事前のアナウンスがあったが今回は遅れている。

スポンサーリンク

iPad Air4とiPad

いちばんの目玉はこれだ。iPad Air4だ。
なんと、iPad Proのいくつかの機能を取り込み、無印iPadとiPad Proの中間の位置づけを、
無印iPadよりからipad Pro寄りに変えてきた。

iPad Air4

iPad Air4

主要な仕様を同時発表された無印iPadと比較しよう。ここではWiFiモデルだけで比較する。
iPad Pro寄りと思えるところは太字にした。

モデル名iPad(2020)iPad Air4iPad Pro(2020)
SoCA12A14A12Z
ストレージ32GB/ 128GB64GB/ 256GB128GB/ 256GB/ 512GB/ 1TB
画面サイズ10.2インチ 2,160 x 1,62010.9インチ 2,360 x 1,640

iPad Air4

iPad Air4

スポンサーリンク

11インチ 2,388 x 1,66812.9インチ 2,732 x 2,048
カメラ性能背面:8MP(f/2.4)、HDビデオ撮影
正面:1.2MP(f/2.4)
背面:広角12MP(f/1.8)、4Kビデオ撮影
正面:7MP(f/2.0)
背面:広角12MP(f/1.8)、超広角10MP(f/2.4)、光学ズーム、4Kビデオ撮影
正面:7MP(f/2.2)
無線性能WiFi5 (IEEE 802.11 ac), Bluetooth 4.2WiFi6 (IEEE 802.11 ax), Bluetooth 5.0
認証Touch IDTouch ID

iPad Air4

iPad Air4

Face ID
大きさ174.1mm x 250.6mm x 7.5mm178.5mm x 247.6mm x 6.1mm178.5mm x 247.6mm x 5.9mm214.9mm x 280.6mm x 5.9mm
重さ490g458g471g641g
シルバー、スペースグレイ、ゴールドシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、
グリーン、スカイブルー

iPad Air4

iPad Air4

シルバー、スペースグレイ
その他Lightening, アップルペンシル第1世代対応USB-C, アップルペンシル第2世代対応

iPad Air4

iPad Air4

USB-C, LiDAR,アップルペンシル第2世代対応

画面の大きさ、無線性能が高級路線になったといえる。
iPad Proに寄せたことで、マジックキーボードを使える。

スポンサーリンク

iPad Air4

iPad Air4

一方で無印iPadのほうは最近の傾向で安い。34,800円からだ。
今年の正月の福箱で購入したiPad(2018) 128GBが3万円程度だった。SoCの性能を考えたら
日常から福箱を買えるようなものだ。

apple WATCH SE

インパクトを感じたのは廉価版のWATCHであるWATCHSEだ。

WATCH SE

WATCH SE

アップルは廉価版をSEと名付けることにしたのだろうか。
WATCHとの価格差は13,000円。
50,000円くらいしていたWATCHは買おうという気にならないが、29,800円からのWATCH SEであれば
勢いで買ってしまいそうだ。

SIMモデルは+5,000円値段が上がるが、このくらいならSIMモデルのほうが良いだろう。

スポンサーリンク

後述のWATCH6との差は、ディスプレイが常時表示でないこと、血中酸素濃度アプリの省略などがある。
これらが不要な方は安いSEでもいいだろう。
それでも画像にあるように、緊急通報、健康管理、騒音測定というようなアプリが使える。

WATCH SE

WATCH SE

SIMモデルなら通話、メッセージも使える。昔のSF映画にあった、腕時計でビデオ通話できる日が近そうだ。
もちろんモバイルSUICAも使える。WATCHが赤ちゃんを育てる親に受けている理由がよくわかる。

WATCH SE

WATCH SE

なお、更に安さを求める諸兄には、WATCH3が併売されており、19,800円から購入できる。
ただしWATCH3にはSIMモデルはない。

apple WATCH

WATCHは6代目になった。

WATCH6

WATCH6

今回の機能強化は血中酸素濃度の測定だ。もちろん、医療用の機器ではないので、精度はそこまでないと思う。
それから画面の常時表示。

WATCH6

WATCH6

WATCH6

WATCH6

以前使っていたスマートウォッチでは、常時点灯していないので
時刻を見たい時にすっと見れないのが不便だった。しかし常時表示するとバッテリがすぐなくなり
毎日のように充電しなければならない。
WATCH6では対応したようだが、バッテリがどうか気になる。

画面表示はいろいろ選択できそうだ。

スポンサーリンク

WATCH6

WATCH6

Siriや地図も使える。もちろん、SIM対応が必要だが。

WATCH6

WATCH6

apple one

音楽やストレージのサブスクリプションをまとめて廉価に提供するサービスが始まる。
日本では個人プランとファミリープランが提供される。USではこれ以外にもプランがあるが近日提供だろう。

apple one プラン

apple one プラン

このプランを選択すると個々に利用するよりも安く使うことができる。
たとえば個人プランなら1,210円お得で1,100円だ。プランの内容は

スポンサーリンク

スポンサーリンク

だ。

apple one

apple one

ファミリープランではクラウドストレージは200GBになって、1,850円だ。

今後のアップルの戦略は

iPadは無印は廉価版としてより安く、Proは文字通りプロユースに、Airはその中間でProは高いけど
Proの機能を使いたい人向けという定義だろう。無印iPadは文教向けにも使われている。

Androidタブレットは最近はファーウェイくらいしかいい機種がなかったが、
制裁によりAndroidの採用ができなくなった。

このため商品の魅力がなくなり、他に代わるものもなく、iPadくらいしかタブレットは無くなっている。
今後別のメーカが魅力的な機種を出してこない限り、タブレット=iPadという図式は揺らがないだろう。

PR

感想

iPad Air4は買いだろう。Proは高いので買えない、しかしペンシル第2世代を使いたい人には朗報だ。

WATCH SEに注目したい。安いし、SIM搭載で電話もメッセージもSUICAも使える。
赤ちゃんを育てる世代でWATCHは高くて買えなかった人にはちょうど良いと思う。ぜひ購入の検討を。
スマホを持ち歩くことも不要で、腕時計だけ持てば通話もSUICAも使える。
たいていのことはWATCH SEで済ませられる。

早速、アップルペンシル第2世代を使えることに妻が興奮している。
正月のセールで買ってしまうのではないかな。

正月が楽しみ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 11 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です