メニュー

PCI/e 6.0が最終版に向けた状況に

2020年11月20日 - ニュース, パーツ
    
PCI/e 6.0が最終版に向けた状況に

PCのバス規格であるPCI/eの最新版の6.0がいよいよ確定に近づいている。
PC、周辺機器に関するニュースのまとめはこちら。
 
 
 

PCI/e 6.0の概要

PCI SIGがまとめているドラフトによれば、バージョン0.7にてメンバ企業にレビュー依頼がされている。

仕様としては

を備える。互換性はもちろん備える。

スポンサーリンク

最近の仕様策定

昨今の仕様策定は早くなっている。

PCI/e 3.0の最終版は2010年に策定された。
その次のPCI/e 4.0は2017年だ。AMDは昨年、インテルは今年からマザーボードに実装できるよう
チップセットで提供している。仕様から2年程度か。
そして次のPCI/e 5.0は2019年で、今回の6.0は2021年に策定されそうだ。
リソースが枯渇し、次の仕様が必要になる周期が早まっている。

この調子で有れば2021年にPCI/e5.0、2023年には6.0がでてきそうだ。そこまで帯域が必要なのは
SSDなどのストレージかAI,MLのためのGPU活用だろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 5 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です