デル株式会社
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  

任天堂スイッチのファームウェアがバージョンアップ Bluetoothオーディオに対応

任天堂スイッチのファームウェアがバージョンアップ Bluetoothオーディオに対応

任天堂スイッチがファームウェアの更新を実施した。
任天堂スイッチについてのまとめはこちら。

更新内容

任天堂の発表によれば、スイッチのファームウェアが更新されて、13.0.0になった。

FWアップデート

FWアップデート 出典:任天堂 WEBページ

ポイントは下記。

1 Bluetooth オーディオに対応

え、いままで対応してなかったの?と意外な気持ち。
オーディオプロファイルについての記述はないが、一般的なBluetoothスピーカに対応するのだろう。
テレビにつないでいるときはHDMI経由で音が出るので不要なのだが、
PC用のディスプレイなどスピーカがないようなデバイスにつないだ時に、音を鳴らしたい、あるいはもっと迫力あるようにしたいという
要望に応えられるようになる。
更に言えば、ワイヤレスイヤホンをして、電車の中でゲームをする、ということもできる。

制限事項として、利用中はJoyコンは2つまでになる。マリオカートを4人でやりたい場合はBluetoothスピーカは使えない。

2 新ドック対応

これはもうすぐ発売される有機ELディスプレイの新スイッチ用のドックの話になる。
有線LANが付いた新ドックにもファームウェアが搭載されるようで、これを更新できるようになる。
また有線LANを無線同様に、本体がスリープ中でも接続を維持できる。

3 スティックの補正方法の変更

たいしたことではないが、補正開始の際にスティックを押しこんでいたものを一方向に倒し続けるに変更。

4 無線LANの周波数の確認

総いえば今までできなかったな。2.4GHz/5GHzと2種類あるが、いままではどちらでつながっているか分からなかった。
これが表示されるようになった。

更新方法

インタネットにつないで放置しておくと、勝手にダウンロードしてくれる。ゲーム開始前に聞かれるので更新すればよい。
あるいは設定メニューから本体>本体の更新と進んでダウンロードを開始してもよい。

Bluetoothスピーカを持たないかつ、新スイッチではないユーザにはメリットが薄い更新だが、案外海賊ソフト対策がメインの更新だったりして。

(Visited 7 times, 1 visits today)
 

あわせて読みたい関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です