毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
テレワークにおすすめのモバイルPC
  
 

Nuans Neoを今更購入 Windows10Mobileの光と影(3)

 

スポンサーリンク

 
Nuans Neoを今更購入 Windows10Mobileの光と影(3)

2020年4月30日更新
今更ながら、Windows10Mobile(以後、W10Mと省略)スマホを買った話の続き。
さよなら、Windows10 Mobile。Nuans Neoについてのまとめはこちら。

アプリケーション

W10M撤退の主要因として挙げられるのが、アプリケーションの少なさだ。
いくつか特徴的なアプリケーションを比較する。

SNS

Line公式アプリケーションあり
facebook公式アプリケーションあり
twitter公式アプリケーションあり、フリー版もあり
Instagram公式アプリケーションあり
pinterest公式アプリケーションあり

一通りある。
機能としてAndroid版と同等かというとそうでない場合もありそうだが、あまり見えていない。

通販、オークション、フリマ

Amazon公式アプリケーションがあるが、US向けなので使えない
楽天公式アプリケーションはあるが、PC向けのため使えない
Yahooショッピングなし
ヤフオクなし
メルカリなし

ほぼ全滅。ブラウザでアクセスするしかない。

音楽、エンタメ

再生ソフトGrooveというPCにも入っているものがある
Alexaアプリケーションなし
Youtubeフリー版あり

地図

Googleマップフリー版あり

メール

Gmailなし
Outlook公式アプリケーションあり

カレンダ

Googleカレンダなし、フリー版あり

ノート、メモ

Google keepなし、フリー版があるが、PC向けのため使えない

通信環境

MVNO提供のアプリケーションなし
速度測定なし、ブラウザ版はJavaの関係なのか、動かず

電子マネー

そもそもFelica対応でなく、NFCなので意味はないが。

Suicaなし
Edyなし
nanacoなし
iDなし

ゲームはしないのでそのあたりの評価はできないが、こうしてみると通販、通販関連が弱い。
それ以外は公式版がなくてもフリー版があるので、困らないと思うのだが。

もちろん、アプリケーションがあるだけで、Android版と比べて機能が見劣りするものもあると思う。
そういうものはユーザが増えれば対応してもらえる。

しかしユーザが増えるためには、ある程度アプリケーションが揃って、使い物になる印象が必要だ。
そのためには、初期の段階でベンダに開発費をばら撒いて、作ってもらう必要がある。

マイクロソフトが用意したお金がが少なくて、バラマキが足りず。
最初に揃えるべきアプリケーションが足りなかったのではないかと思っている。
事の真相は教えてもらえないだろうが。

速度測定

WiFiとLTEで測定する。
同じアプリケーションを用意できないので、参考値になる。
比較は、同じSoCであるSnapDragon617を使う、moto g4 plusとする。
諸元を比較する。

moto g4 plusNuans Neo
SoCSnapDragon 617SnapDragon617
メモリ3GB2GB
ストレージ32GB16GB
バッテリ3000mAh3350mAh
LTE速度不明150Mbps
WiFi規格nまでac対応
液晶画面5.5インチ5インチ
解像度1080×1980720×1280
カメラ16M f/2.013M f/2.0
その他指紋センサ、DSDSUSB-Cコネクタ
重量157g150g

メモリやストレージ、WiFiの規格を除くと非常に似た仕様である。

LTE性能

ドコモプランで測定。
測定時期と測定アプリケーションが異なるので参考値。

上り(Mbps)下り(Mbps)
moto g4 plus1.3914.6
Nuans Neo4.583.21

同じ時期に出た、同じSoCを積むスマホなので基本は同じと思っていた。
しかし、そうでもないのかもしれない。

WiFi性能

まず、moto g4 plusはnまでしか対応していない。
このため測定前から遅いと思っている。

平日深夜の時間帯に測定したが、測定アプリケーションが異なる。

上り(Mbps)下り(Mbps)
moto g4 plus57.4554.95
Nuans Neo94.4194.22
motoG4Plus_wifi

motoG4Plus_wifi

NuansNeo_wifi

NuansNeo_wifi

acとnの違いだけなのだろうか。
OS内にボトルネックがあり遅くしているところがAndroidにはあるが、W10Mにはない、ということかもしれない。
想像しかできないが。

厚さの比較

Xperia XZ1とmoto g6 plusと大きさを比較する。
まずはNuans Neo(左)とXperia XZ1(右)の厚み。
ケースを付けたままだとXZ1も厚く感じるが外すと結構薄い。

CompareThicknessNuansXZ1s

CompareThicknessNuansXZ1s

続いてmoto g6 plusとの比較。
これはケースを付けても薄いと感じるmoto g6 plusが薄い。

CompareThicknessNuansmotos

CompareThicknessNuansmotos

3つ並べる。
左からNuans Neo、Xperia XZ1、moto g6 plus。

CompareThicknesss

CompareThicknesss

続いて画面の比較。3つを同じ順番で並べた。
画面の大きさも解像度も違うので見える範囲も違うのだが、moto g6 plusだけが16:9を超える縦長なので大きく見える。
文字の大きさは調整できるがほぼ同じ。

画面の大きさ比較

画面の大きさ比較

次回はできていないメール設定の話。

(Visited 202 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です