パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
 

WDの決算にみる2020年のストレージ動向

 

スポンサーリンク

 
WDの決算にみる2020年のストレージ動向

8月に頭にストレージベンダのWDから2019年4Qの決算が発表された。
合わせて2020年の決算予想が発表されている。
大容量ストレージデバイスであるHDDについてのまとめはこちら。

2019年の決算

詳細は英語になるが下記参照。

WDは6月末で決算を締めている。7月から新しい会計年度が始まる。
FY2020は営業益は$16,736となり、FY2019から1%の増加。
コロナウィルスの影響で1-4月までの経済活動を止めた国が多く、WDの3Q,4Qは需要が落ちたのではないか。

WD FY2020

WD FY2020

出典:WD WEBサイト

一方で、2020Q4の予測は1%ではない。
2020Q4は営業益は$40287Mとなり、2019Q4から18%増加の予測。

WD 20Q4予測

WD 20Q4予測

出典:WD WEBサイト

つまり、今年の後半から来年にかけて取り戻すつもりなのだろう。

デバイスごとの動向

WDはHDDやSSDなど各種製品を揃えている。製品分野ごとはどうだろうか。

WD 製品分野ごと予測

WD 製品分野ごと予測

出典:WD WEBサイト

年で見ると、クライアント向けデバイスが12%減少、データセンタ向けデバイスとソリューションが24%増加、
クライアント向けソリューションが3%減少となっている。
デバイスにはHDD、SSDが入り、ソリューションには例えばHDDを格納した外付けストレージが該当するだろう。
この数字を見る限り、データセンタは安定してビジネスが拡大するも、コロナウィルスの影響で
クライアント向けは奮わないようだ。

詳細を見よう。
クライアント向けデバイスでは

  • SSDは四半期の記録を更新
  • SSDへの転換が進むため、PC向けHDDは徐々に減っていく
  • ゲーム向けにフラッシュメモリを出荷予定

データセンタ向けでは

  • 在宅勤務によりデータセンタの需要が増大
  • エンタープライズ向けSSDは1年前の倍増

クライアント向けソリューションでは

  • コロナウィルスによる多数の店舗のロックダウンにより影響を受けた
  • ロックダウンの解除とオンラインへの移行により回復していく予想

情報からわかること

ロックダウンの影響はITベンダ各社の決算でも見えている。WDも同じだ。

ストレージベンダの他の2社も同様の決算であろう。クラウドは安定基調で増収増益のベースになっている。
各社ともクラウド向け、データセンター向けのデバイスに収益を求めると同時に、
ロックダウン解除により景気が回復したら大容量SSDでクライアントも押さえていくのだろう。

3社しか供給ベンダがないので、寡占状態でほぼ同じポートフォリオになる。
同じように浮き沈みしていく3社はこれからも社会インフラを支えるベンダであり続ける。

(Visited 56 times, 1 visits today)

PR

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です