メニュー

Windows10 May 2021 Update のリリース間近

2021年5月4日 - Jisaku7, OS(Windows10), PCニュース
    
Windows10 May 2021  Update のリリース間近

マイクロソフトのブログによると、開発コード21H1May 2021 Updateとしてリリース間近であることが判明した。
Windows10についてのまとめはこちら。

バージョンの状況

ブログによれば、19043.928を最終ビルドとして、WindowsインサイダのサイトからISOファイルのダウンロードが可能になっている。ベータ、およびRelease Previewチャネルで利用できる。

スポンサーリンク

Windows10 21H1 preview

Windows10 21H1 preview

なお、ベータ、Release Previewチャネルはすでに次のビルドが提供されている。

大きなバグがなければこのままGA版としてリリースされるだろう。名称から考えて、近日中にGAの予定だろう。

スポンサーリンク

機能

昨年の20H2とは異なり、5月のリリースなので大きな修正になるはずだが、そうでもなさそうだ。ちなみに11月は小変更だ。

ポイントを紹介する。

既知のバグ

現状聞こえてこない。20H1からのIMEのバグはまだ直らないのかな?

仮想化環境にインストール

Jisaku7でもHyper-Vを使って新しいWindowsを試している。20H1あたりからアップデートしてきた仮想マシンと、上記ISOファイルで作った仮想マシンのバージョンを比較した。アップデートしてきたものはDevチャネルにしているのでかなり先端のビルドが当たっている。

これが今回インストールした20H1プレビュー版。ビルド番号は19043.928

Windows10 21H1 preview

Windows10 21H1 preview

こちらは20H1あたりからバージョンアップを繰り返してきた、Devチャネルのもの。ビルド番号は21370.1。エクスプローラのアイコンが変わっていることでわかる。

Dev Channel

Dev Channel

スポンサーリンク

正式リリースがでたらまた順番を決めて更新だな。

PR

(Visited 18 times, 1 visits today)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 
 

あわせて読みたい関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です