パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
 

ahamo登場により携帯電話料金の値下げ競争が点火 この先を考える

 

スポンサーリンク

 
ahamo登場により携帯電話料金の値下げ競争が点火 この先を考える

先日NTTドコモから政府の意向をくんだ低価格料金プランが
発表された。その詳細と他社との比較をして先を考える。
MNO(キャリア)、MVNO、SIMフリーのまとめはこちら。

発表内容

まずはドコモの公式ページの発表内容から。

ahamoはサブブランドではなくドコモの料金プランの1つとして提示された。ほかのMNO2社はサブブランドで
低価格の料金プランを提示したものなので一歩踏み込んでいる。

ahamoへの申し込みはこちらから。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

そのサービス内容の特徴は下記の通り。2021年3月開始を予定。

  • 料金は2,980円。
  • 契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料。
  • 2年縛りなし。
  • データ通信容量は20GB、超過すると追加購入か1Mbpsで接続。
  • サービスには4Gだけでなく5Gも含む。
  • 海外82か国、地域でもデータ通信を追加料金なしで利用可能。
  • 1回あたり5分以内の国内通話が無料。(一部除く) 超過すると30秒20円。
  • サポートサービス提供主体はWEB。ドコモショップの利用ができるかは現時点では不明。
  • オプションサービスは少なく下記のみ。
    • +1,000円で国内通話かけ放題
    • 1GBあたり500円(税抜)でデータ容量の追加

一方でデメリットと思える特徴もある。

  • キャリアメールの提供なし。
  • クレジットカード払いのみ。
  • 個人契約のみ。法人契約はなし。
  • 20歳以上の個人のみ契約可能。(20歳未満は親権者が契約することで利用可能)

世間の反応

発表があった日だっただろうか。テレビのニュースで道行く人にインタビューしていたが、多くの人は
好意的な反応であった。まだ詳細がわからないからかもしれないが。安いから他社からMNPで
移行したいという話しも多かった。

問題になりそうなところ

これもすでにいろいろ書かれていると思うが、ahamoの問題点はもちろんある。

この2点によっては安かろう悪かろうというサービスに認定されるかもしれない。

他社との比較

情報がそろっていない状況ではあるが、他社と比較してみる。
KDDI、ソフトバンクは下記記事にあるようにすでに発表している。

ブランドahamoUQmobileY!mobileRakuten Mobile
提供MNONTTドコモKDDIソフトバンク楽天モバイル
プラン名称不明スマホプランVシンプル20UN-LIMIT V
月額料金(円)2,9803,9804,4802,980
データ容量20GB
500円で1GB追加可能
20GB20GB無制限(パートナ回線では5GB)
国内通話1回5分まで無料
以後30秒20円
30秒20円1回10分まで無料
以後30秒20円
アプリ利用時は無料
未使用時は30秒20円
かけ放題プラン1,000円1回10分:700円
かけ放題:1,700円
なし
その他契約事務手数料、機種変更手数料、
MNP転出手数料が無料
5Gサービスを含む

サポートはWEBのみ
家族割なし5Gサービスを含む
サポートはWEBのみ
通話無料はIP電話の場合のみ

条件を揃えてみる

同じ条件に並べようとすると、下記のようなモデルだろうか。考えてみる。

  • A:データ通信が多い人 15GBと家のWiFiで賄う想定。通話はしない。
  • B:通話もそこそこ使う人 5分以内、毎日3回くらいを想定。データ容量は20GB以内。
  • C:サポートがWEBでは不安な人 通話もデータ容量もプランで収まる人。
モデルAモデルBモデルC
ahamo2,9802,980×
UQmobile3,9804,6803,980
Y!mobile4,4804,4804,480
UN-LIMIT V2,980(ただし自社エリア内)2,980(ただしIP電話)×

モデルCはショップがない、あっても少ないahamoとUN-LIMIT Vは落ちることになる。
そういう人は20GBのプランではなく、従来の高価ではあるがデータ容量が少なくてもいいプランがいいだろう。

今後の他社の動向

今回のドコモの対応は楽天のプランをみつつ、ほかの2社の発表したプランをあざ笑うかのような
プランになっている。つまり料金では楽天と同等だが、サービスの質が上だ。5G対応といっても
楽天の5Gエリアは非常に狭い、ドコモも狭いが比較にならない状況だろう。
また通話に関しては楽天は無料なのはIP電話の時だけなので、5分までではあってもドコモの通話品質の
もののほうが良い。今は3Gの音声通話であり数年後にはVoLTEになると思う。他社のVoLTE接続性が
解決すれば楽天のIP電話もVoLTEに移行すれば欠点ではなくなるだろう。

一方でahamo登場によりメンツをつぶされたKDDIとソフトバンクは巻き返しのためのプランを検討して
いるだろう。KDDIはすでに別会社でMVNOを始めるという予告をしていた。ここからahamo対抗の
プランを出すかもしれないし、UQmobileあるいはauから出すのかもしれない。

早ければ年内に、遅くとも1月中には出てくるだろう。学割の季節に間に合わないと客を他社に
ごっそり持っていかれるからだ。

ahamoに移行するかどうかを考え出している人は他社の対抗プランが出そろってから考えればいい。
楽天の様にiPhoneは使えないとか、KDDIのように(もしかしたら)eSIM端末しか使えないとかいろいろ
条件が付くかもしれない。
MNO4社の料金をめぐる戦国時代はまだまだ続きそうだ。

(Visited 103 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です