パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
 

ウィルス対策ソフトの乗り換え ESETの使用と使いごこちレビュー(1)

 

スポンサーリンク

 
ウィルス対策ソフトの乗り換え ESETの使用と使いごこちレビュー(1)

たまには変えてみるかとウイルス対策ソフトを変えた話。
ソフトウェアのまとめはこちら。

ウィルス対策ソフト

トレンドマイクロのウィルスバスタは会社でも使っていたこともあり、
個人用にも買ってPCの保護に使っている。

何年前から使っているか覚えていないが、直近では3年用のライセンスを買っている。
Windows PCだけでなく、妻のMacや、自分のスマホ、タブレットをふくめた合計9台を保護している。
どのくらい役立っているか実感はないが(被害にあってないから)、
保険として優秀なのだろうと思う。

最近知ったこと

Core i7-6700Kを載せた自作メインPCのJisaku6ですら、使い心地はあまり以前の自作機と
かわらないと体感的に思っていた。とても速いという印象なのに、そうでもないのだ。

OSが更新されると、アプリケーションも合わせて更新され、よりGUIはリッチになり、
使うメモリ、CPUが比例して増えていく。
結果、新しいPCに替えて同じようなアプリケーションを使っても、体感的に変わらない。
(では、古いアプリケーションを新しいPCで使ったら?という疑問が湧くが、
これも目に見えて速くなるものはごく一部で、たいていはGUIを使わないコマンドラインで動くものと、
思っている)

特にメールアプリケーションである、マイクロソフト謹製のOUTLOOK。
新しいPCでは処理能力が高まっているはずなのに、使い勝手が良くなった記憶がない。なぜ?

何気なくネットを見ていると、実はウィルスバスタはかなりCPUバワーを喰い、
遅くなる原因と書かれていた。

そういえば

何年か前、正確な年数は覚えていないが、ウイルスバスタの遅さが原因で苦情が多かったのか、
改良して速くなったという記事を見た記憶がある。

ここから先は推測の話。

当時のウイルスバスタは多分、ローカルPCにてすべての検索処理を行っており、
ウイルスの登録数の増加につれて、占有するメモリもCPUパワーも消費が増加したと思う。
これを早くするため、一部の処理をクラウド側に持っていった、らしい。
(あくまでも見聞きした情報で推測している。)

クラウド側で処理って、結局対象情報を切り出して、インターネットに送信してるということかな。
そうだとすれば、検索処理はなくなったとしても、切り出しや送信処理がある。
それにインターネットにつながってない状況ではクラウド側の検索処理を期待できないので、
結局ローカルPCで検索処理をするしかない。
(インターネットにつながっていなければ、危険も少なそうだが)

このくらいの処理をJisaku6のパワーで賄えないからOUTLOOKが遅い?
うーむ。謎。

またまたamazonセールで購入

謎は比較すればわかる。
ちょうど3ライセンスのうち1つが更新時期なので、試しに乗り換えることとした。
どこにしようか?

たまたまあったamazonのセールでキャノンの関連会社が販売するESETが安くなっていた。
こちらは3年間5台で5000円。
動作が軽快だという評判があり、また「防御力」や「コストパフォーマンス」の項目でも
業界トップクラスの評価だそうだ。

Windows、Mac、Androidに対応。
最近スマホが増えてもウィルス対策はフリーのものを気休めに入れているだけなので、
この機会に普段使うものは入れておこう。

インストール

いきなりメインPCにインストールして何かあれば困るので、最近復活させたサブPCのJisaku5にインストールする。

購入したものはこちらの簡易版。

ESET

ESET

紙の裏側はこのようにURLが書かれている。

中身

中身

まず、期限の切れたウイルスバスタをアンインストールしてPCを再起動する。
続いて、最初の一台目なのでWebからユーザ登録をする。
紙に書かれていたURLにアクセスする。

ユーザ登録

ユーザ登録

ボタンを押して新規ユーザ登録を開始する。

利用までの流れ

利用までの流れ

ボタンを押して新規ユーザ情報登録を実行する。

新規ユーザ登録

新規ユーザ登録

紙に書かれている購入コードを入力。あと、登録用のメールアドレスを入力する。

新規ユーザ登録の流れ1

新規ユーザ登録の流れ1

新規ユーザ登録の流れ2

新規ユーザ登録の流れ2

ユーザの個人情報を入力する。
法人ではないので、会社、部署名は不要。

ユーザ情報の入力1

ユーザ情報の入力1

ユーザ情報の入力2

ユーザ情報の入力2

入力した内容に問題ないことを確認して、登録するボタンを押す。

入力確認

入力確認

登録完了

登録完了

登録すると、ライセンス情報が発行され、メールで届く。
ここからは機種により操作が若干変わるので、まずはWindowsから。

Windowsの場合

メールに書かれているURLにアクセスし、まずWindowsを選ぶ。

インストール開始

インストール開始

アプリケーションをダウンロードする。

スポンサーリンク

ダウンロード

ダウンロード

実行時の説明

実行時の説明

実行する。
プログラムをインストールするをクリックする。

実行画面1

実行画面1

インストールを開始する。

実行画面2

実行画面2

ここでウィルスバスタをアンインストールしていないと失敗になる。
アンインストールして再起動してからアプリケーションを実行する。

インストールエラー

インストールエラー

スポンサーリンク

問題ない場合はインストールが始まる。

インストール1

インストール1

インストール2

インストール2

エンドユーザライセンス契約を読んで同意しますをクリックする。

インストール3

インストール3

製品認証キーを持っているので左の製品認証キーを入力をクリックする。

インストール4

インストール4

スポンサーリンク

製品認証キーを入力して続行を押す。

インストール5

インストール5

ここからプログラムのインストールが始まる。
続行をクリックする。

インストール6

インストール6

よくある製品のフィードバックに協力するかを選択する。
下は望ましくないアプリケーションの検出の選択で、もちろん有効にする。

インストール7

インストール7

インストール8

インストール8

インストール成功

インストール成功

インストール完了

インストール完了

次回はAndroidスマートフォンにインストールする。

スポンサーリンク

(Visited 400 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です