パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
VAIO STORE
プレミアムバンダイ
POCKETALK(ポケトーク)W
  
 

モバイルディスプレイの再購入 在宅勤務用に選定

 

スポンサーリンク

 
モバイルディスプレイの再購入 在宅勤務用に選定

我が家にはたくさんディスプレイがあるが、在宅勤務向けにモバイルディスプレイを追加購入した。

ディスプレイについてのまとめはこちら。

  

背景

最近気づいたのだが、ずいぶん前に買ったBENQの21.5インチ横長ディスプレイが壊れたようだ。
壊れた理由はわからないが、在宅勤務で使っているといきなり画面が切れてしまい、困った。

修理するような製品でもないので買い替えるか。早速検索を開始した。

要件

新たなディスプレイにもとめる要件は下記のものだった。

  • 会社のPC(13インチ)よりは大きな画面
  • フルHD以上の解像度
  • 消費電力が少ない
  • HDMIで接続可能。将来はUSB-Cで繋ぎたい

普通の23インチ以上のディスプレイが良かったが、そうすると最後のUSB接続で引っ掛かり、高いものになってしまう。
今回はどうするか迷ったが、画面サイズよりもUSB-C接続を優先して安価なモバイルディスプレイ選定した。

 

amazonで探す場合はこちら。

仕様

主要な仕様は下記の通り。

画面15.6インチ 1,920 x 1,080ピクセル、IPSパネル
インタフェースHDMI、USB-C
電源USB-C(15W)
大きさ、重さ372 x 23.8 x 1.5 cm 700g(カバー込み時は1,175g)

ちなみにこの仕様なら任天堂スイッチも接続して使える。
年末あたりの買い物で楽天ポイントがそこそこたまっていた。これで安価に購入できている。

開封、外観の確認

15インチのディスプレイなのでまあまあの大きさだ。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ

中身は本体、本体にくっついたカバー、説明書、ケーブルたち。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 中身

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 中身

左が電源供給用のUSB-C、右はHDMIケーブル。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 中身

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 中身

左はPCと接続する映像入力用のUCB-CとUSB-Cケーブル。右はUSB-AtoCケーブル。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 中身

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 中身

カバーを広げるとこうなる。この構成は一般的だろう。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 本体

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 本体

カバーは背面をネジ2本で止めている。残念だがVESA規格ではない。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 本体

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 本体

コネクタは側面にある。左からHDMI、USB-C、USB-A(マウスなどをつなぐ)、イヤホン用のジャック、そして電源に接続するUSB-Cになる。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ コネクタ

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ コネクタ

操作しにくい背面下部に各種ボタンがある。左から電源、スピーカ音量大小、メニュー、設定用のボタンだ。
音量はメニュー表示時は左右に移動するボタンになるが、背面にあるので操作しにくい。
一度設定すればそんなに使うことはないと思うが、厄介だ。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定ボタン

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定ボタン

角度の調整は今回のものはよくある方法で、カバーに3段階のストップする場所が作られていて、そこにひっかける。確度が固定になるので使い勝手はいまいちと思う。前回のものはその点ではよかった。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 角度調整

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 角度調整

PCとの接続

早速PCにつないでみよう。PCは2019年に購入したDellのInspiron 7380。USB-C Altモードを備えており、HDMIケーブルの代わりにUSB-Cケーブルで外部ディスプレイに表示できる。
まずはつなぐ前の状態。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 接続

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 接続

PCがUSB-C Altモードに対応しているので、電源も映像もPCと1本つなぐだけになる。
ディスプレイ側に挿してみた。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 接続

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 接続

続いてPC側にUSB-Cケーブルをつなぐ。PCには別途電源ケーブル(PCの左側面の奥のケーブル)を電源に挿している。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 接続

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 接続

USB-C Altモードを持つPCの場合はこれだけ。PCにUSB-C端子があってもAltモードでない場合は単なる電源供給にしかならない。PCの説明書に記載がなければ、付属のHDMIケーブルでつなぐことになる。
この場合、ディスプレイには別途電源が必要なので、付属の電源ケーブルで供給する。

接続した様子

PCと並べている。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

角度を変えて撮影している。PCに写っている円形のものは照明だ。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

前後に配置して大きさを比較した。PCが14インチ、ディスプレイが15インチなので若干ディスプレイが大きい。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

amazon Prime Videoをディスプレイ側で再生している。HDCPに対応していないと表示されないが、このディスプレイはもちろん表示する。
従来のUSB-Aのコネクタに接続するタイプのもの、いわゆるDisplay Link製のチップでUSBからHDMIなどに変換するアダプタの場合はHDCP非対応が多かったが、USB-C Altモード接続はHDMIケーブルでつなぐことと全く同じなのでそういうことはない。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 使い心地

設定

裏のメニューボタンを押下することでディスプレイ上にメニューが表示される。よくあるパターンだ。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定

映像入力を選択できる。AUTOがあるので変更する必要はないだろう。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定

明るさの調整もできる。

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定

FFF-LD1501 モバイルディスプレイ 設定

先ほども書いているが、画面の裏に操作ボタンがあるので、非常にやりづらい。

まとめ

まとめる。

堅牢性未評価
軽さ★★★☆☆
PCよりは軽い。ケースがあるので重くなるが、保護のためには仕方ない。
扱いやすさ★★★☆☆
設定操作がやりにくいので減点。
角度調整★★☆☆☆
3段階しか調整できないので注意。
インタフェース★★★★★
総合★★★☆☆

前に買ったものは自立式スタンドがあり、角度調整ができた。
今回はないし、VESAマウントもないのでちょうどいい角度で固定できるか不安があるが、とりあえずこれでやっていこう。

最近は超横長のTwitter専用と思えるようなディスプレイがでてきている。成熟したようでそうでもないディスプレイはこれからも注目だ。

(Visited 69 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です