メニュー

amazon Primeの値上げについて考える

2019年4月15日 - music, サービス, ニュース
    
amazon Primeの値上げについて考える

2020年3月24日更新
amazon Primeの値上げが会員あてにメールで通知された。
従来と比べて年間1000円上がる。その効果について考えてみた。
 
 
 

コンテンツ

スポンサーリンク

提供サービス

提供されているサービスは以下のもの。

当日配送当日配達
プライムナウ配送地区限定だが、最短2時間で配達
アマゾンフレッシュ生鮮食料品を配達
プライムペット登録したペット情報に基づく情報配信
プライムワードローブ自宅で試着できる
プライムビデオ映画見放題
プライムミュージック音楽聴き放題
アマゾンフォト写真や動画の保管
プライムリーディング電子書籍読み放題
ツイッチゲーム動画配信

いつの間にかこんなに増えている。我が家では当日配達とビデオ、
ミュージックがあれば、あとはいらないのだがなあ。他社が提供すらサービスの価格と比較してみる。

我が家の使い方は、以下の通り。

スポンサーリンク

日用品、本などの購入毎週1、2回。ほぼ1000円以上の利用。
年間60回を1000円以上、残り10回を1000円未満と仮定。
生鮮食料品ほぼなし
試着1、2回実績あり。今後年4回くらいか。
ビデオ毎週数回映画を見る
ミュージック毎日音楽を聞く。Unlimited契約で毎月380円
フォトGoogleフォトで保管
電子書籍楽天マガジン
ゲーム動画配信使ってない

他社の似たサービスの料金

PR

参考する他社の価格は下記の通り。全く同じサービスではないが、似たようなものを探した。

当日配達アスクルは配送料が324円。ただし1000円以上なら無料
生鮮食料品配送イオン、楽天西友は配送料が324円。ただし5000円以上で無料。
注意点として、再配達で料金がかかる場合がある。
試着ロコンドは350円の手数料。返送料は無料。
zozoはやっていたが、終了。
ビデオNetFlixでは4Kも見れて同時4画面で視聴可能。1800円
ミュージックSpotifyプレミアムで980円
フォトGoogleフォトは無料
電子書籍楽天マガジンが380円。雑誌のみだが。
ゲーム動画配信YouTube Liveは無料。

以上から計算する。

我が家でamazon Primeを使わない場合の料金

当日配達3240円
生鮮食料品配送とりあえず、0円
試着350円☓4=1400円
ビデオ1800円
ミュージック980円
フォト無料
電子書籍380円
ゲーム動画配信無料
合計7800円

あくまでも、我が家の場合で同じサービスという仮定。
これに対してamazon Primeの料金は値上げ後は4900円とamazon music unlimited 380円の5280円。
サービスの内容は全く一緒ではないが、まだまだお得だと言える。

amazonの収益

今回の値上げは、金のかかる動画配信やオリジナル動画の作成、
また配送料の高騰から来ており、実際のところUSでは12000円なのだとか。
国土の広いUSと比べても仕方ないが、そのうちやめるサービスも出てくるだろう。

必要なサービスだけ続けて安い年会費を続けてほしいところ。

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 33 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です