メニュー

スマートスピーカの普及率は意外にも○%

2019年3月1日 - AmazonEcho, AmazonEchoDot, music, ニュース
    
スマートスピーカの普及率は意外にも○%

2020年3月24日更新
電通デジタルがスマートスピーカについての調査結果を発表した。
 
 
 

調査内容

2018年12月にインターネット調査を行い、普及率を調べたそうだ。
報告によると、スマートスピーカの認知率は約76%、しかし普及率は約6%だそうだ。

スポンサーリンク

機器別の普及率は、以下の通り。

思うに、Google Homeは安いモデルが景品などで配られており、このため普及しているのだろう。
一方のamazon echoは、セールで安くなっても無料で配っていたとは聞かなかったので、
このあたりで差がついたのではないだろうか。

Echo

Echo

どちらも無線LANを介して照明、テレビなど制御できるようになってきている。
照明も後付では難しいと思っていたが、こんな製品が出てきた。
今後もリフォーム目当てで続々と出てくるのではないだろうか。

有線でなく無線LANで制御する点が、セキュリティを気にする自分には懸念点だ。
しかし、WPA3の登場で解決できるなら我が家も無線LAN常時にしてもいいかな。

スポンサーリンク

使う機能

調査に戻ると、利用の用途は音楽が多く、次いで天気予報、アラームだそうだ。
我が家も用途はほぼ音楽だけ、といっていい。

なにか質問するときもあるが、スマホ、タブレットで検索するほうが使いやすい。
だからamazon echoでは検索はしない。
Echoに関する記事は下記リンクを参照。

将来欲しい機能を見ると、「日用品の不足をチェック」「訪問に代理で応答」
「子守」とSFの世界を求める声があるようだ。
需要があればいつの日か実現するだろう。
音声コミュニケーション機器の可能性はまだまだあると思う。
今後に期待だ。

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 58 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です