デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  

スマホ、タブレットを高速充電 Anker Power Port10 レビュー(1)

スマホ、タブレットを高速充電 Anker Power Port10 レビュー(1)

2020年2月11日更新
4月のamazonタイムセール祭りで購入した充電器のレビュー。
その他の周辺機器のまとめはこちら。
 
 
 

スマホ、タブレットの充電事情

数年前まで、スマホは1A、タブレットは2Aという棲み分けで、
それに合わせた充電器を買っていた。
その頃は機器を持つ数が少ない想定だったのか、あっても2ポートくらいで、
2年ほど前にようやく4ポート(1Ax2、2Ax2)のものを買い、使ってきた。
4台ならこれで十分だったが、最近になってクアルコムのQuick Charge対応の
スマホを買うようになり、スマホ=1Aが崩れた。
2Aのポートは2つで足りないのに、1Aは空いている。
そんな状況がそろそろ無理になってきた。

2Aで充電するのは、スマホのXperia XZ1、moto G6 Plus、Nuans Neo。
タブレットは現行のすべて。Nexus9、MediaPad M3、MediaPad M5、FireTab、dTab。
それからWindowsのYOGA Tablet2とTeclast X80。1Aはスマホのmoto G4 Plus、Nexus5。
それからモバイルバッテリとモバイルルータ、子供が使うアクションカメラ、キッズケータイ。
自分は理解しているが、他の家族は誤って1Aと2Aを間違えそう。

解はあるか?

そろそろ刷新を考えていたところ、amazonのタイムセール祭りで良さそうなものをみつけた。
AnkerのPower Port 10だ。この充電器、最大60Wで10台を同時に充電できる。
なんと10台だ。

Anker独自のPower IQとVoltage Boostテクノロジで高速に充電できる。

Power IQとは、接続した機器を自動検知して、フルスピード充電できる。
Voltage Boostテクノロジとは、ケーブル内の抵抗を自動検知して、電圧を自動調整する。
ケーブル内、とは言っても充電器からケーブルと充電対象の機器の区別がつくわけないので、
充電器から見たケーブルから先の抵抗ということだろう。

ポート数が多いという要件を満たしていて、ちょうどよい。

外観

箱はこんなもの。

化粧箱

化粧箱

中身は本体、電源ケーブルと、予備のマジックテープ。

中身

中身

外寸は、およそ11.5cm×7.0cm×2.8cmだ。
重さは360g程度。
自分は縦置きで使っているが、重くはないので簡単に転んでしまう。
前面は10個のUSB Type Aポートがある。

前面

前面

背面には、電源スイッチがある。以上。

スポンサーリンク

背面

背面

使い心地

スマホやタブレットの純正の充電器は使ってないが、
今まで使っていた4ポートの充電器に比べると早く充電が終わるようになったと思う。
たぶん2A以上で充電しているのだろう。

毎日充電するわけではないが、するときは2、3台同時にすることが多い。
過充電でバッテリを傷めないように、最近は夜通し充電はせずに寝るときは中断している。
短時間で充電できるこの充電器はなかなかいい。

次回は実測した結果を見てみよう。

(Visited 69 times, 1 visits today)
 

あわせて読みたい関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です