パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
 

光モデムの交換を試みた(1) WEB会議の音切れを分析する

 

スポンサーリンク

 
光モデムの交換を試みた(1) WEB会議の音切れを分析する

フレッツ光を利用する際にガラスの光ファイバを終端して
イーサネットに変換する、ONUと呼ばれる機器。
ここでは光モデムと呼ぶが、それを交換するための調査の話。
光回線についてのまとめはこちら。

背景

在宅勤務が長引き、家では毎日の様にweb会議をしている。
その時にカメラはほとんど使わないが音声と画面共有だけだ。
最近、時々ではあるが、音が途切れると言われる。どこにボトルネックがあるか調べてみた。

自宅

ONUからは1Gbpsのハブを介してカテゴリ6のLANケーブルで分配している。

誤った接続

誤った接続

PCからスピードテストを有線LANで実施しても昼に40Mbps以上、深夜は80Mbpsは出ているので
宅内配線に問題はなさそう。上図では光モデムから右の部分。

フレッツ光

ニューファミリー契約なので200Mbpsだ。このほかにテレビ配信用の帯域が使われる。
10Gbpsでのサービス提供も行われているので、ここの帯域が足りないはずはない。
フレッツ光

プロバイダ

当時問題があり、IPoEにした。

このため、自宅とプロバイダはPPPoEを使わず、IPv6でカプセル化されて届く。
プロバイダ側はここからパケットをインタネットに流す。おそらくここは100gbpsくらいの帯域があるはず。
なのでここがボトルネックのはずもない。

会社施設

そうなると、会社内のネットワークが原因か。
詳細は知らないが、オンプレミスで構成する会議サーバは会社のネットワークで乗り入れて届く。
この先に会議ブリッジなどあり、音声会議ができる。
VPN装置か、中のWEBサーバかあるいは両方か。そのあたりで発生しているのかなぁ。

音声通話の帯域

では、WEB会議で音が途切れるとはどういう事だろうか。

昔の知識になるが、音声をデジタル化し配信するための規格がいくつかある。
代表的なものがg.711というもので、帯域は90Kbps弱だ。
VPNによる暗号化で倍になったとしても、帯域は200kbpsあればいいはずだ。

帯域が足りなければ通知すべきデータが相手に届かないので、その時点で音声は途切れる。
これが音が途切れて遅れるという現象の原因だ。

しかし最悪でも我が家はインタネットに40Mbpsで繋がるはずなのに、どうして音が途切れたり、
聞こえないと言われるか?会社側に問題があるのか?

音声通話が途切れる原因は何か?

以下のように推測。

フレッツ光はベストエフォート。ときどきとてつもなく遅くなっているかもしれない。
これが100kbps程度まで下がれば、ぶつぶつ途切れたり、聞こえないのはありうる。
会社側のVPNゲートウェイのアクセス集注に加え、フレッツ光でも時々速度が落ちているのではないか。

会社内のネットワークはどうにもならないが、フレッツ光の部分は速度を速くすれば途切れている時間を
短縮できるかもしれない。

そう、200Mbpsの契約を1Gbpsに変えれば、帯域が増える上にリカバリも速くなりそうだ。

そう考えてNTTにプラン変更について相談してみた。

(Visited 137 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です