メニュー

楽天モバイルがDMM.comを買収 第4のキャリアへの布石は盤石か

2019年7月20日 - スマートフォン, ニュース, 楽天モバイル
    
楽天モバイルがDMM.comを買収 第4のキャリアへの布石は盤石か

2020年3月4日更新
既報の、楽天モバイルによるDMM.com買収の話。
楽天モバイルについてのまとめはこちら。
 
 

過去の買収

以前も楽天モバイルは他社を買収した。一世を風靡した、FREETELだ。
2017年11月に楽天に事業が譲渡されている。

他にもMVNO業者は淘汰の時代になっており、LINEモバイルがソフトバンクグループになっている。
そして、久々の事業譲渡の話だ。楽天は10月から第4のキャリアとして携帯電話業を始める。
これにあたって、事業を安定させていくために、MVNO事業の顧客数を増やしたいのだろう。

今回の買収

報道によれば、楽天は23億円を支払い、MVNO事業と固定インターネットサービス「DMM光」を買収する。
現在のユーザにとって変わるのは、9月以降に付与されるポイントはDMMポイントではなく
楽天ポイントになるということ。料金などは当面据え置きだろう。
買収によりMVNOの24万件の契約が楽天に入る。

スポンサーリンク

少し古いデータだが、2018年12月末の総務省の集計では、MVNO契約数の総数は2036万回線。
全体の中でMVNOが占めるのは11.5%。

楽天モバイルのHPにある、アンケートによる推定では20.9%なので、およそ400万回線になる。
400万が424万回線になる。
他のMNOはというと2019年3月末の時点で、

現状では桁が違う状況だ。仮にMVNO契約のユーザ全員が楽天のMNOに移行してくれたとしても
一番少ないソフトバンクの1/10のユーザ数しかいない。

イーモバイルの影

今はソフトバンク傘下のワイモバイルになってしまった、かつての
第4の」キャリア、イーモバイルが、最後のころに300万回線だったようだ。
イーモバイルも回線数が少ないため、多数の独自性を打ち出して何とかやっていこうとしていたが、
結局は3大キャリアに飲み込まれてしまった。楽天とイーモバイルは同じ状況ではないが、
よほど魅力的なオファーがない限り、この契約回線数のバランスが劇的に変わることもないだろう。

S31

S31

スポンサーリンク

逆転の可能性

あるとしたら、(妄想で書くが)

こういうサービスがあって、品質に問題がなければ自分は回線買い増しではなく、
auから乗り換えるかもしれない。

10月に向けて

ドコモがMNOとMVNOの両立ができるのかと指摘したり、ファーウェイに対する制裁があったりで、
楽天モバイルのMNOとしての船出はまだ不透明なところが多い。

仮に10月をもってドコモが楽天モバイルのMVNO事業を締め出して、
全ユーザがMNOに契約を切り替えるようにしたとしても、
料金が据え置きにならない限り全員は残らないだろうし、
また楽天モバイルのMNOが東京を除くと初期はauのローミングで行われることにより、
今までの端末が使えなくなる可能性があること、電波の入り方が変わることで、
契約を解除するユーザも出てくるだろう。

スポンサーリンク

もしかしたら424万ユーザの維持どころか、半減するかもしれない。

その受け皿はおそらく他のMVNO事業者となるだろう。
楽天モバイルのイーモバイル化が進まなければいいが。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 56 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です