メニュー

Ryzen3 3100とB550の発表

2020年5月3日 - ニュース, パーツ, 在宅勤務、コロナウィルス、休校対応
    
Ryzen3 3100とB550の発表

AMDから第3世代Ryzenの下位ラインナップの発表と同時に
新チップセットが発表された。

Ryzen 3 3100

Ryzen 3 3100と3300Xが登場した。
5月21日から販売開始の予定。

4コア/8スレッドで動作する下位ラインナップのCPU。キャッシュ容量は18MB。
3100はベース3.6GHz/Boost 3.9GHz、3300Xはベース3.8GHz/Boost 4.3GHzで動作する。
価格はUS$で99/120なので、日本では12000円~15000円というところか。
第3世代はまだ内蔵グラフィックスを持つ製品がないことに注意。

スポンサーリンク

対抗するcore i3 9300は、4コア4スレッド、キャッシュ8MB、3.7GHz/最大4.3GHz、
内蔵グラフィックスあり。
i3 9300の価格が確認できないが、下位モデルの9100は15000円くらいのようだ。
インテルの方がキャッシュ、動作クロックで負けて、しかも割高だ。

Ryzen3100

Ryzen3100

価格から低価格PC、特に今なら在宅勤務向けのPCに良いと思う。
ゲーミングPCでは20%、クリエータ向けPCでは75%の性能向上をうたう。
比較対象はRyzen 3 2300XとCore i3-9100とのこと。

B550チップセット

PR

B450の次世代チップであるメインストリーム向けのチップセットがやっと出た。
昨年Jisaku7を組む際に、なんで1世代前のB450しかないの?
あとはハイエンドしかないという状況だったが、やっと解消される。

特徴はPCIe 4.0のサポート。6月16日から発売とあるので、本来はComputex Taipeiで
お披露目の予定だったのだろう。今年は無理だろうが。
我が家のNASサーバはcore i3で作った。次に作る時は、Ryzenで良さそうだ。

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 102 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です