パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
VAIO STORE
プレミアムバンダイ
POCKETALK(ポケトーク)W
  
 

シャオミから新端末Xiaomi 11T/Proが正式発表 正統なフラッグシップ機

 

スポンサーリンク

 
シャオミから新端末Xiaomi 11T/Proが正式発表 正統なフラッグシップ機
 

9月にヨーロッパ向けに発表されたシャオミ11T/Proが国内に投入される。11月5日発売予定。

ハイエンドSoCを搭載しつつ安価なシャオミのフラッグシップ、Xiaomi 11T Proのまとめはこちら。

  

この記事のポイント

  • Xiaomi 11T/11T Proが国内向けに正式に発表
  • 5G対応、高スペックなカメラ、Dobly Atmos対応
  • 珍しくMNO経由の販売はない

 

Xiaomi 11T/11T Proの概要

今までの機種と比べて、Xiaomi 11T/11T Proは価格が高い。特徴は下記のもの。

  • MediaTek/Snapdragon 888搭載
  • 撮影能力
  • 急速充電

SoCは11TがMediaTek Dimensity 1200-Ultra、11TProがSnapdragon 888だ。

前回の記事に仕様を書いている。

今回は同じ表を引用しつつ、国内向けに修正された点を確認していく。

仕様

では仕様を見ていこう。修正箇所は赤字にしている。
詳細はシャオミのWEBサイトを参照

Xiaomi 11T ProXiaomi 11T
OSMIUI12.5 (Android11)
SoCSnapdragon 888MediaTek Dimensity 1200-Ultra
RAM/ROM8GB/128GB
8GB/256GB
12GB/256GB
8GB/128GB
8GB/256GB
リアカメラ広角(10,800万 f/1.75)
超広角(800万画素 f/2.2)
マクロカメラ(500万画素 f/2.4)
リアカメラ(動画)8Kビデオ撮影(30fps)
ワンクリック AI シネマ
HDR10+ 撮影
4Kビデオ撮影(30fps)
ワンクリック AI シネマ
HDR ビデオ
フロントカメラ1,600万画素 f/2.45
ディスプレイ6.67インチ 有機EL
2,400 x 1,080の解像度
1億色表示
HDR10+
リフレッシュレート:120Hz
タッチサンプリングレート 480Hz
読書モード3.0
360° 周囲光センサーMEMC対応
6.67インチ有機ELディスプレイ
2,400 x 1,080の解像度
HDR10+
リフレッシュレート:120Hz
タッチサンプリングレート 480Hz
読書モード 3.0
360° 周囲光センサー
スピーカ2つ、Dolby Atmos対応
Harman Kardonチューニング
2つ、Dolby Atmos対応
バッテリ5,000mAh
120W急速充電対応
17分で100%充電
5,000mAh
67W急速充電対応
36分で100%充電
無線5G :n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78
LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/38/40/41/42/ 66 
3G: B1/2/4/5/6/8/19
GSM: 850 900 1800 1900 MHz
無線LANWiFi6(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth5.2
NFCNFC/Felica対応
Google Pay対応
NFC
SIMデュアルnanoSIM スロット
大きさ、重さ164.1 x 76.9 x 8.8mm、204g164.1 x 76.9 x 8.8mm、203g
その他DSDV
本体横に指紋センサ
防水/防塵 IPX8 IP6X
価格64,800円~49,800円~

個々の機種の特徴を見て行く。

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T 出典:シャオミWEBページ 以下同じ

下位モデルになる11TはSoCを定番のクアルコムではなくMediaTekにして安くしている。他にもいろいろあるが、11T Proと比べると下記の差がある。

  • 8Kビデオ撮影がない
  • HDR10+撮影に対応しない
  • 充電性能が若干落ちる(それでも十分だが)
  • Felicaに対応しない

というところだ。これらを受容できるなら、11Tのほうが安いので検討の余地がある。

カメラ、ビデオ撮影

ワンクリックAIシネマ機能により、同様に素人がまるで映画監督が撮影したような効果を得られるという事だろう。

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

人物を中心に周りがぐるぐる回るとか、静止画と合成するとかそういう効果を容易にできるようだ。
iPhone13といい、Pixel6といい、最近はカメラ、編集、ビデオ撮影というキーワードで新機種の機能のほとんどを語れる状況だ。技術的には停滞しているといえる。

これを提供するのは3眼のリアカメラだ。1億800万画素の広角、800万画素の超広角、500万画素のマクロと基本を押さえている。特に1億越えのカメラは他社ではなかなか見ないので画素数が欲しい場合はシャオミしか検討できない状況だ。

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

個人的にはナイトモードと組み合わせた超広角のこの写真が好きだ。

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

SoC

安価なMediaTek製を採用。MediaTekの中ではハイエンドらしい。

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

高速充電

これは驚いた。100%の充電を30分足らずでできてしまう。ちょっとバッテリが足りないと思ったらモバイルバッテリではなく、家を出る前に充電すれば間に合いそうだ

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

モバイルバッテリという文化はとどめを刺されるのかもしれない。

Xiaomi 11T Pro

ハイエンドの11T Proは、先に書いた点をすべてカバーしている。現時点で最高技術を駆使したハイエンドなのだろうか。

Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro

ビデオ撮影

30fpsながらついに8Kビデオの撮影ができるようになる。我が家には4Kテレビだってないのに、とうとう8Kビデオ撮影か。
おまけにHDR10+で撮影ができる。多くのスマホではHDR10で動画再生できる一方で、撮影は対応していない。
この機種では撮影もできる。これは手軽に映画を撮りたい監督志望の人にはたまらないアイテムだ。

Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro

サウンド

11Tにはない機能として、Harman Kardonチューニングのデュアルスピーカがある。Dobly Atomsに対応しているので音の再現が素晴らしくよさそうだ。

感想

Redmi Note 10 Proよりも高価であるが、いろいろなところが改良されており、数年使い続けられそうな機種だ。
買うなら11T Proがお勧めだが、ビデオ撮影に凝らない、Felicaは不要なら11Tも選択肢だろう。

購入方法については下記参照。

(Visited 195 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です