パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
Hulu
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
Hulu
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】
 

今ブルーレイレコーダを買うならどれか? ブルーレイレコーダ売り上げランキング 2021年冬 続き

今ブルーレイレコーダを買うならどれか? ブルーレイレコーダ売り上げランキング 2021年冬 続き

記事がおかしくなったので分割した。

5.タイムシフトマシン搭載機

テレビと異なりレコーダのタイムシフトマシンはレグザ以外のメーカも出しているようだ。
比較すべきは同時録画できるチャンネル数と日数だろう。

価格コムの詳細検索を設定する画面で、下記を設定した。

その結果の上位3機をみると、下記の通り。パナソニックとレグザのみだった。

順位メーカ、型番HDD容量同時録画チャンネル数リンク
パナソニック DMR-2X3013TB6チャンネル
パナソニック DMR-UCX40604TB6チャンネル
レグザ DBR-M40084TB7チャンネル

前回同様に、この分野の先端企業がレグザではなくパナソニックに変わったようだ。
前回1位だったパナソニックの全録ディーガ DMR-4X600は5位に沈んでいる。高すぎるのだろう。オリンピックが終わって大容量で長期間録り続けることもなくなったのかもしれない。
自分としてはテレビのレグザと協調して最大12チャンネルをタイムシフト録画できる、DBR-4KZ400が上がってくると嬉しい。価格面ではパナソニックのほうが容量が多いので、もっと安くなって欲しいものだ。

まとめ

いろんなパターンで見たが、冒頭に書いたようにネット配信の興隆でレコーダの需要はかなり減っていると思う。
見逃し配信は無料、なんてものもある。全部通してみたい場合は有料だが、レコーダを買う価格と比べたら少額だ。

それでもあえてレコーダが欲しいのは、BS,CSの契約をした、テレビが大好きな人に限られそうだ。
ヘビィユーザになると家族共有では物足りないので、自分専用のレコーダを持ちたくなるだろう。
以前の名機、torneが復活している。こういう物を使う手もある。

予算と用途を考えて選ぶとよいと考える。

(Visited 13 times, 1 visits today)
 

あわせて読みたい関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です