パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  
パソコン工房のお得なキャンペーン
デル株式会社
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
 

初のビックカメラ福箱に挑戦 その結果は???

 

スポンサーリンク

 
初のビックカメラ福箱に挑戦 その結果は???

今年初めて福箱に挑戦した話。
ビックカメラのセールについてのまとめはこちら。

福箱とは

ご存知福袋をビックカメラでは福箱と呼ぶようだ。
ライバルのヨドバシカメラも同様のものを販売している。
実店舗で新年の初売りの客寄せ(兼在庫処分)で販売されることが多いが、
最近はネット販売もされるようになった。
昔から正月は出かけない引きこもり生活をしているので、
実店舗の福袋にはとんと縁がない。
しかし、ネットで販売となると話が変わってくる。

しかも近年は先着順ではなく、抽選だ。
中身のわからないのを夢見て買うのもいいだろう、たまには。

福袋の悪夢

いままで自分が福袋を敬遠した理由に、子供の頃の経験がある。
当時父に連れられて電車で大きな神社に初詣に行く習慣だった。
父が何を考えたか、福袋を買ったのだ。
縁起を担いだのかもしれない。
家で待つ母に福袋を渡し中を見ると、母が怒り出した。
中にはサイズが合わず誰も着れそうにないスカートが入っていた。
「こんなもの、買ってしまって」と。
父はしょんぼりしていたな。

当時は本当に中身がわからなかったので、こんな悲劇(喜劇?)もあったりした。
これでは売れないからと売り手も理解したのか、近年ではジャンルがわかる福袋になった。

例えばイオンなどでは男性Lサイズの服が入ったあるブランドの福袋、という具合になった。
このくらい絞られると、気に入らなかったり、使えなかったりすることは少ない。
あるとしたら、すでに持っているものが入っているということかな。

まあ。いい時代になったと思う。

ビックカメラの福箱

たまたまDMで開催を知った。
ざっと見ると、うーん、これってどの機種だろう。
3つまでしか抽選に参加できないので、興味を持ったのは下記のもの。

  • 2420万画素 ミラーレス一眼カメラレンズキット
  • iPad
  • 10インチ 500GB 防水お風呂テレビ

どれも絶対にほしい、というものではない。
しかも、ブツがなにか明確ではない。

持っている一眼カメラは、確かリーマンショックの頃に買った。
もう10年前の物なので、大きい。
性能も機能も文句ないが、大きいので持ち運びに困る。

iPadは自分はいらないが、妻や子供はあるといいのかも。

お風呂テレビは、無線で飛ばしてどこでもテレビを見れるものだと思う。
アンテナケーブルの取り回しが面倒なところで見る時にいいだろう。

まあ、どうせ当たらないからいいや。

ところが

抽選に応募したことをすっかり忘れた12日にビックカメラからメールが来た。

2通は外れだったが、1通は当たりと書いてある。なんとiPadが当たったと。

2020年ビックカメラ福箱抽選

2020年ビックカメラ福箱抽選

調べると倍率は127倍だったらしい。ほう。クジ運使い果たしたかな。
まだ年末はジャンボ宝くじが待っているのに。

申し込んだ

さあ、元日の配送を待つ。
何が来るのかな。

なお、20日に繰り上げ抽選があるとのこと。ほかの2つもまだ可能性があるな。

(Visited 233 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です