メニュー

インテルから新製品 2018年5月

2018年5月23日 - PC, テクノロジ, ニュース
    
インテルから新製品 2018年5月

2020年5月10日更新
インテルから、ちょっと目を引く製品が発表された。
PC、周辺機器に関するニュースのまとめはこちら。
 
 

DRAMを置き換えるNVDIMM

NV、すなわち、Non Volatile(不揮発性)なDIMMで、DRAMという電源を切ると
内容が消えるものを、電源を切っても内容を保持するものに置き換えようと言うもの。

従来のPCのアーキテクチャは、

で構成され、CPUがアクセスできるのはバスで接続されたDRAMだけなので処理の都度、
低速なストレージからデータをDRAMにコピーし、処理し、結果をまたストレージに
書き戻す。だいたいこの繰り返しで処理を進める。

これが、NVDIMMの登場により、電源を切っても内容を保持できるので、
PCは終了時にストレージに書き戻すことなく、次回の起動時に続きを処理できる。
更に進むと、CPUがアクセスできるバスでつながったNVDIMMというストレージに
直接アクセスし、データをコピーすることなく処理して書き戻すことができる。
ストレージとメモリの境界がなくなるのだろう。

スポンサーリンク

バス配線が大量に必要になりそうなこと、NVDIMMかいくら高速とはいえDRAMよりは
遅いはず。ストレージとメモリ間のデータコピーがなくなる以上に時間がかかるので
あれば逆に遅くなるシステムが出来上がる。DBのような使い方ではCPU内の
キャッシュがあまり生かされないので、この方法が有効に思えるが、
他の用途ではキャッシュでデータが完結し、新しいアーキテクチャでは速くならない気がする。
このあたりは、NVメモリがフラッシュという前提の話がほとんどなので、
新しいメモリの登場で変わっていくのだろう。

10nmステップの第8世代Core i製品

Cannon Lakeアーキテクチャを採用した10nmプロセスで製造される「Core i3-8121U」が公開された。

ページの情報によれば、Core i3-8121Uは2コア/4スレッドのCPUで、TDPは15W。
Uモデルなので省電力のモバイル用途。製品の仕様としては特筆するところはないが、
10nmプロセスで製造されるという点がニュースだ。
10nmステップの製品は2017年のリリース予定だったが、初物なので例によって遅れ、
その原因は例によって未解決のようだ。今回は内蔵GPUに問題があるらしく、
このCPUでは無効になっている。
以前はbloadwellのときに歩留まり問題があり、限定出荷をしていた。
他にも2011年2月にSandybridgeチップセットでSATA性能劣化のため出荷停止
したことがある。インテルといえど全能の神ではないので、失敗はいくつもある。
その間にいつの間にか、AMDが追いつき、抜き去ったというのも面白い。
自分は互換Cpuは一度も使ったことがないが、Ryzenには興味がある。

スポンサーリンク

それはそうと、日本法人の社長を探しているのは本当なのだろうか。
一昔前ならなり手はいくらでもいたはずだが。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 48 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です