デル株式会社
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  

毎年恒例 アップルから今年のiPhone 13が登場 9月24日発売

毎年恒例 アップルから今年のiPhone 13が登場 9月24日発売
 

もう皆知っている話ではあるが、アップルから毎年恒例の今年のスマートフォン、
iPhone13が発表された。
元祖スマホ、iPhoneのまとめはこちら。

  

この記事のポイント

  • 順調に改良された機種
  • 新色ピンクが登場
  • シネマティックモードの登場で撮影後にピント調整が可能
  • PROではマクロ撮影が可能

 

発表内容

去年同様に、今年も4機種になっている。昨年と同じラインナップだ。値段で並べるとこうだ。

色は機種によるが新色のピンク、ミッドナイト(黒)、ブルー、スターライト(白)、(PRODUCT)REDの5色。

iPhone13

iPhone13 出典:アップルWEBサイト 以下同じ

iPhone13とiPhone13 mini共通仕様

1 新色

ピンクが登場。ピンクが欲しい人が多いのかな。日本人の好みを考慮したのかな。iPhone13とiPhone13 miniのみ。

2 カメラ

iPhone12では2眼で縦にレンズが並んでいた。今回は斜めにして、大きな広角カメラセンサを搭載できた。
レンズが大きくなったのか、CCDが大きくなったのか。光を47%多く取り込み、暗い場所でもきれいに撮影できる。
そして手ぶれ補正も機能を強化したようだ。

iPhone13

iPhone13

3 レンズの出っ張り

背面のメインカメラのレンズのでっぱりはどの端末でも問題になっている。
真っ平な機種は見当たらないが今回はかなり平らになっている。ケースがあれば吸収できそうだ。

iPhone13

iPhone13

4 シネマティックモード

テレビでも紹介されていた。妻がこれを見て、「え、これ自動なの?」と驚く。
自動でなければ目玉機能にならないでしょ。(自信なし)
素人でも映画のように手前の人物でも奥の人物でもフォーカスがあう。どういう仕組みでやっているのか興味がある。瞳フォーカスと同じなのかな。
あるいは深度フォーカス機能を使って手動で編集するのだろうか。

iPhone13

iPhone13

5 ディスプレイ

Super Retina XDRディスプレイを採用し、明るさが28%向上。日差しの強い日中でも見やすくなった。

スポンサーリンク

iPhone13

iPhone13

6 バッテリ容量の向上

iPhone13は従来より最大2.5時間、iPhone13 miniは1.5時間長持ちになった。容量は非公開なのでわからないが、高速充電により20Wアダプタを使うことで30分充電でsaidai50%の充電が可能。

iPhone13

iPhone13

7 SoCにA15を採用

最新のA15 Bionicを採用。6コアのSoCだが、最大50%速い。グラフィックも30%速いので、ゲーム用途にも使える。

iPhone13

iPhone13

仕様比較

iPhone13iPhone13 mini
OSiOS15
SoCA15 Bionic
メモリ非公開
ストレージ128GB 256GB 512GB
大きさ146.7 x 64.2 x 7.65 mm 173g131.5 x 71.5 x 7.65 mm 140g
ディスプレイ6.1インチ 有機EL  HDR
2,532 × 1,170ドット
5.4インチ 有機EL  HDR
2,340 × 1,080ドット
通信方式5G,LTE,3G,2G
SIMスロット数1+eSIM、2eSIM
WiFi方式WiFi6、Bluetooth 5.0
カメラ性能背面:広角1,200万画素(f/1.6)+
超広角1,200万画素(f/2.4)
前面:1,200万画素(f/2.2)
バッテリ不明
その他Lightning、Felica/NFC、IP68

iPhone13 PROとiPhone13 PRO MAX

先のメインストリーム機種と比べてこちらはハイエンドだ。サイズも先の2機種よりも大きなMAXがある。

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

色はこちらにはピンクはなく、グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーになる。

1 カメラ

PROはレンズが3つ。この構成は変わっていない。望遠、広角、超広角で構成される。
こちらはレンズの出っ張りがある。

スポンサーリンク

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

この超広角カメラが何と、マクロ撮影に対応。

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

こんな写真は一眼カメラ+マクロレンズがないと撮影できなかったんだけどな。

2 映画編集

ProResというコーデックに対応し、またシネマティックモードによりピントを合わせる位置を撮影後に換えることができる。これは12にもあったと思うが、iPhone13の紹介にも書いたようにテレビで見たサンプルビデオは実に自然だった。
まるで映画監督になったように、後から編集ができる。1台のスマホで映画編集を完結できるのはPROのみという。

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

iPhone13 PRO

スポンサーリンク

3 リフレッシュレート120Hz表示のディスプレイ

ゲームをやる人にとってはディスプレイ性能は重視する。普通の30Hz、60Hz表示では満足できず、90Hz、120Hzがもてはやされている。
PROは120Hz表示に対応するが、高価なのでゲームだけのために購入する人は少なそうだ。

仕様比較

iPhone13 PROiPhone13 PRO MAX
OSiOS15
SoCA15 Bionic
メモリ非公開
ストレージ128GB 256GB 512GB 1TB
大きさ146.7 x 71.5 x 7.65 mm 203g160.8 x 78.1 x 7.65 mm 238g
ディスプレイ6.1インチ 有機EL  HDR
2,532 × 1,170ドット
リフレッシュレート:最大120Hz
6.7インチ 有機EL  HDR
2,778 × 1,284ドット
リフレッシュレート:最大120Hz
通信方式5G,LTE,3G,2G
SIMスロット数1+eSIM、2eSIM
WiFi方式WiFi6、Bluetooth 5.0
カメラ性能背面:望遠1,200万画素(f/2.8)+
広角1,200万画素(f/1.5)+
超広角1,200万画素(f/1.8)、LiDARスキャナ
前面:1,200万画素(f/2.2)
バッテリ不明
その他Lightning、Felica/NFC、IP68

まとめ

iPhone12の改良、という事だ。
噂ではminiは売れ行きが悪く生産を打ち切ったようだったのでもう出てこないと思っていた。
しかし今回も出ているので一定の需要はあるのかな。

価格そのまま、ストレージは128GBにグレードアップ。順調に改良された2021年のiPhoneでした。

ソフトバンク



楽天モバイル

スポンサーリンク

(Visited 20 times, 1 visits today)
 

あわせて読みたい関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です