デル株式会社
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集
  

5年間3GBで990円 ソフトバンクからデータ通信専用新プラン 

5年間3GBで990円 ソフトバンクからデータ通信専用新プラン 
 

先日LINEMOから3GB、990円の新プランを開始したソフトバンクが、今度はプライマリブランドでデータ通信専用ながら990円の新プランを発表した。
ソフトバンクについてのまとめはこちら。

  

この記事のポイント

  • データ通信専用ながら3GBで月990円
  • 低価格20GBプランがあるので法人向けと考えられるが、容量が少なめ

 

発表の概要

新プランの内容はこうだ。

詳細を見ていこう。

プランの詳細

新プランは基本プランの1,078円とデータプラン3GBの330円で構成される。合計1,408円だ。

ソフトバンクデータ専用3GBプラン

ソフトバンクデータ専用3GBプラン 出典:ソフトバンク WEBページ

データ通信専用、と言っているように音声通話はできない。代わりに4Gだけでなく5Gも利用可能。
2台目スマホやモバイルWiFiルータ、あるいはPC内蔵で使うことを想定しているようだ。

料金設定は、最近にしてはややこしい。
最初3か月は無料になり、3か月以降、5年間は割り引かれて990円になる。

ちょっと前ならデータ通信専用で3GBのMVNOが1,000円だった。とうとうMNO自身がその価格で出す時代になった。

他のMNOへの影響

このプランに、ドコモ、auが対抗してくるか不明だ。
データ通信専用という、あまり世間一般向けではないプランなので需要が多いわけでもない。法人向けがメインだろう。
法人向けとしては3GBは少ない。このため2社は対抗プランを出さないように思える。

むしろLINEMOの3GB 990円プランへの対抗を考えているのではないだろうか。あちらのほうが影響がありそうだ。

MVNOへの影響

先にも書いたように、MVNOはかつてこの容量、この価格でサービス提供してきた。
春先の低価格20GB料金プランの開始を受けて各社が値下げをした結果、主要MVNOで一番安いところではnuroモバイルの627円だ。

月々300円強の差額をとるか、MNOのスピードをとるか、という選択肢になる。
めったに使わない、しかし予備としてSIMを確保しておきたいユーザは安いほうを選ぶだろう。
3GBぎりぎりまで使う、しかも仕事用途に使うようなユーザはMNOを選ぶと思う。(そもそも仕事なら3GBでは足りないだろう)

またahamo、povo、LINEMOでは20GB容量があるので、2枚目のSIMが欲しいがデータ容量はそんなに不要という人なら安いほうでよさそうだ。

スポンサーリンク

ソフトバンクがこの料金プランでどのユーザをとっていきたいのか理解が難しい。しばらく様子を見るか。

(Visited 57 times, 1 visits today)
 

あわせて読みたい関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です