メニュー

ブルーレイレコーダの故障と修理 今度はブルーレイドライブの故障(3)

2018年7月27日 - DBR-Z260, Jisaku6, アプリケーション, 故障、トラブル
    
ブルーレイレコーダの故障と修理 今度はブルーレイドライブの故障(3)

2020年3月8日更新
ブルーレイドライブから異音がしていたが、とうとう壊れて対応した話の続き。
ブルーレイレコーダ DBR-Z260についてのまとめはこちら。
 
 
 

早速焼いてみる

まず、ディスクをトレイに置く。
ディスクのフォーマットは後で自動でやるのでただトレイを閉めるだけでいい。

機器をPCに選択して、PC内にダウンロードした書き出す番組を選択する。

スポンサーリンク

書き込み

書き込み

そして書き込みボタンを押す。
番組の容量のチェックがされ、ディスクの容量に問題があれば警告される。ここが難しい。
DBR-Z260でダビング前に予め容量の調整をしないといけない。
PC内でビットレートを変えられないので、事前にブルーレイレコーダ内でAVCに画質指定でコピーを作り、
これをダビングする。
DBR-Z260で表示される計算値は少なめなようで、ディスクに収まらなかったことがある。
仕方ないのでそのときはディスク2枚に分割することとした。

半分書き出し

半分書き出し

以後はもう一段下の解像度に落としてコピーを作っている。

スポンサーリンク

書き込みはPCにおける書き込みと同じ。

書き出し開始

書き出し開始

書き出し中

書き出し中

書き出しはもちろん、ブルーレイドライブが必要。

体験版の制約

体験版の制約で分かったのは、1時間以上の番組が書きだせないこと。

体験版制約

体験版制約

間に合わないので、早速購入。制約が取れて無事夏ドラマまでに容量を空けられた。
これで当面、DBR-Z260を使い続けられそう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 876 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です