メニュー

新しいNAS(1) ASUSTOR AS1002T開封、設置レビュー

2018年1月4日 - AS-1002T, HDD, HDL2-A4.0R/E, バックアップ, 地デジ, 購入、周年レビュー
    
新しいNAS(1)  ASUSTOR AS1002T開封、設置レビュー

2020年3月27日更新
*この記事は2017年1月5日に投稿しました
地デジデータの保存先がすぐに埋まってしまい、次の候補を探す話。
海外製のNAS ASUSTOR AS-1002Tについてのまとめはこちら。
 
 
 

背景

秋に買ったアイオーデータのNAS、HDL2-A4.0R/E。
秋ドラマの地デジデータのムーブで容量2TBのうち、すでに半分が埋まった。
購入時の記事はこちら。

あれ、これでは冬ドラマで空きがなくなってしまうではないか。

スポンサーリンク

番組を取捨選択するとしても今年は持ちそうにない。
なので新たなNAS購入になる。

(1) 機種選び

前回は実績重視でアイオーデータにした。
待ったなしだったこともあり、他に選びようがなかった。

今回はまだ余裕があるので、最近活気のある海外ベンダーにしよう。
予算に限りがあるので、下記条件で選ぶ。

海外ベンダーのSynologyやQNAP、ASUSTORあたりから選ぶ。

スポンサーリンク

検討の結果、楽天のセールでASUSTORのAS1002Tをチョイスした。
(次回はSynologyにしよう)

(2) 購入

PR

手配に若干日がかかったが、年末に届いた。ただし年末は忙しかったので組み立ては正月にした。

(3) 開梱

箱はアイオーデータの前回買った白箱と比べるとカラフル。

外箱

外箱

外箱2

外箱2

外箱3

外箱3

多言語で簡単に説明が書かれている。

外箱4

外箱4

保証は3年。

保証

保証

中には説明書が入っていない。
DVD-ROMの中にはあるのだろう。

スポンサーリンク

中身一式

中身一式

内容物は、下記だけ。

ケースの外観はこんな感じ。
プラスティック製でアイオーデータのNASと質感はさほど変わらない。

外観

外観

側面

側面

背面

背面

(4) HDDの設置

とりあえずケースを開けてHDDを取り付ける。

ケースは背面にある手で回せるネジ2本で固定されている。
はずすとケースをずらして、二つに分かれた。
片方に基板やHDDスロットがあり、他方はケースだけ。

スポンサーリンク

内部

内部

HDDをスロットに設置。
このモデルは2スロットなので、2本をガイドレールにしたがって滑らせてSATAコネクターに差す。

HDDスロット

HDDスロット

SATAドライブ

SATAドライブ

HDDコネクタ

HDDコネクタ

HDD実装

HDD実装

続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 1,573 times, 1 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です