メニュー

新しいNAS(3) ASUSTOR AS1002T開封、設置レビュー

2018年1月4日 - AS-1002T, HDD, NAS4Free, ReadyNAS, アプリケーション, バックアップ, 地デジ, 性能測定, 購入、周年レビュー
    
新しいNAS(3) ASUSTOR AS1002T開封、設置レビュー

2019年11月27日更新
*この記事は2017年1月25日に投稿しました
海外製のNAS ASUSTOR AS-1002Tについてのまとめはこちら。
 
 
 

DTCP-IPアプリケーションのインストール

海外ベンダーのNASはアプリケーションが非常に豊富。
先のADMをダウンロードしたサイトにアプリケーションもあり、
ADMのダウンロード完了を待っている間にざっとみた。

wordpressやsyslogサーバ、果てはdockerまである。
NASというよりはファイルサーバなんだな。
このモデルはCPUがARMなので非力。
最初から期待していないが、DTCP-IPだけは必要。
このために買ったのだから。

スポンサーリンク

sMedio DTCP Moveを探してインストールする。
まずはADM上のアプリ管理ツールを起動し、探す。

アプリケーション

アプリケーション

インストールボタンを押す。
次の画面でもインストールボタンを押す。

インストール

インストール

スポンサーリンク

正常にインストールできたら、起動してライセンスコードを設定する。
これで使えるはず。

性能

Crystal Disk Markで測定。
比較のために測定したNAS4Freeの結果も掲示。
AS1002Tの結果。

ストレージ性能

ストレージ性能

NAS4Freeの結果。

測定1

測定1

NAS4Freeと比較すると、ランダムアクセス性能は悪いようだ。
今回の用途が地デジの録画データの移動なので、まあいいだろう。

参考までに使用中のReadyNASの場合。
初期状態ではないこと、ほかの2式と異なりPCと異なるハブでつながっているため参考値。
相当悪いのは、体感的にわかっていた。

ReadyNAS性能

ReadyNAS性能

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
(Visited 676 times, 2 visits today)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です